乾燥肌を守るための完全対策を紹介|プル肌の実現方法

顔を触る人

デリケート肌のスキンケア

メイク

肌にいい化粧品の罠

乾燥肌が悪化すると敏感肌になり、ひどいとどんな化粧品を使っても染みたり、アレルギーが出たりするようになります。最近は敏感肌で悩んでいる人が増えているそうで、敏感肌の人でも使用できる無添加、合成界面活性剤不使用の化粧水が沢山販売されています。化粧水の中には「パラベンフリー」をキャッチコピーにしているものもあります。パラベンフリーと聞くと何となく肌によさそうな感じを受けます。しかし、中にはパラベンよりも肌に悪影響がある防腐剤が使用されているものもあるので注意が必要です。フェノキシエタノールはパラベンよりも歴史が浅く、肌にどんな影響があるかまだ未知数の防腐剤です。敏感肌の人は必ず成分表記をチェックして化粧水を購入することが大切です。

普段からできること

敏感肌は普段の心がけ次第で改善できる場合もあります。まずは基本的なことですが、正しいスキンケアをすることです。スキンケアを全くしないのもダメですが、スキンケアのし過ぎ、保湿成分の与えすぎは、肌本来が持っている潤い機能を低下させる原因になります。日やけ止めを塗って、紫外線をしっかり防ぐことも大切です。紫外線は真皮にあるコラーゲンやエラスチンを破壊します。そして肌の乾燥を悪化させます。乾燥が悪化することで肌が敏感になり、そしてシミやしわになっていきます。細胞が老化する原因となるのも紫外線です。うっかり紫外線を浴びたら、化粧水でたっぷり保水をして肌に潤いを与えるなど、その日のうちにケアをすることをお勧めします。